前へ
次へ

ヨーロッパからみる教育問題

スウェーデンから発信された「年齢で生きづらさを抱える若者が多い日本」というものがあり、これは日本の若

more

英語力を考える教育問題

教育問題として浮き彫りになっている学力が向上していない現状があり、これをひとつひとつ考えていくことが

more

子供の教育問題について家族で話し合っています

子供が小学生になると色々な問題が起きます。
いじめ問題、教育問題など親の悩みは尽きません。

more

教育問題における管理教育や詰め込み教育とは

一口に教育問題といってもその内容は様々です。
それは子供自身の問題と、学校教育制度の問題とに分類することができます。
また子供自身の問題にも内部的要因と外部的要因があります。
内部的要因には、いじめや不登校などの問題が挙げられます。
外部的要因には、都市化や少子高齢化など社会的な問題が潜んでいます。
そして学校教育制度の問題には、管理教育や詰め込み教育、さらには学歴主義といった問題があります。
これらの様々な問題を含めて、教育問題として注目されています。
学校教育制度の問題として常にテーマとなる管理教育。
管理教育とは、学校あるいは教員が児童や生徒の在り方について一方的に決定し、これに従わせる方式の教育のことを指します。
学校や教員たちが様々な命令を児童や生徒たち下すことで、集団行動を律するやり方です。
学校の生活秩序を維持するためには必要であるという考え方がある一方で、児童や生徒の自主性を徹底的に抹殺してしまうという問題点も浮かび上がっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

詰め込み教育とは、もっぱら暗記による知識量の増大に重きを置いたり、あるいは知識の増大を目指したりする教育方法です。
学校では色々なことを学びますが、その量はとても膨大です。
しかし学校で学ぶ期間には限りがあるため、短期間にできるだけ多くの事柄の学ぶために詰め込み教育が採用されました。
しかし過酷な受験戦争や落ちこぼれ問題などが発生したり、テストを過ぎたら知識を忘れてしまったりなど様々な問題を引き起こしました。
そのため、詰め込み教育からゆとり教育へと変わるようになりました。
良い高校や良い大学に入って良い会社へ就職をするために、受験のための知識を詰め込んで熾烈な受験戦争を勝ち抜くという考えがありました。
いわゆる学歴主義が一般の社会に蔓延するようになりましたが、これが様々な教育問題を引き起こす結果となりました。
今では教育制度の問題点が浮かび上がり、それを解消させるために様々な改革が行われています。

Page Top